メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さいたま国際マラソン

MGC進出者なく

 2020年東京五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を懸けたさいたま国際マラソンが9日、さいたまスーパーアリーナを発着点に行われ、ダリラ・ゴサ(バーレーン)が2時間25分35秒で優勝した。日本勢1~3位で2時間29分以内などが条件のMGC進出者は2年連続で出なかった。

 期待された17年世界選手権代表の清田真央(スズキ浜松AC)は2時間31分7秒の5位に終わるなど優勝争いに加わった日本勢はゼロ。日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「女子は選手層が薄い」と嘆いた。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです