さいたま国際マラソン

MGC進出者なく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を懸けたさいたま国際マラソンが9日、さいたまスーパーアリーナを発着点に行われ、ダリラ・ゴサ(バーレーン)が2時間25分35秒で優勝した。日本勢1~3位で2時間29分以内などが条件のMGC進出者は2年連続で出なかった。

 期待された17年世界選手権代表の清田真央(スズキ浜松AC)は2時間31分7秒の5位に終わるなど優勝争いに加わった日本勢はゼロ。日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「女子は選手層が薄い」と嘆いた。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文839文字)

あわせて読みたい

注目の特集