メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

天皇杯 平成最後、浦和V締め 仙台の初タイトル阻止

【浦和-仙台】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ浦和の宇賀神(右)=藤井達也撮影

 サッカーの第98回天皇杯全日本選手権は9日、埼玉スタジアムに5万978人の大観衆を集めて決勝が行われ、浦和が仙台を1-0で降し、前身の三菱重工時代を含めて12大会ぶり7度目となる頂点に立った。初めて決勝に駒を進めた仙台は、東北勢で初のビッグタイトルを逃した。

 浦和は前半13分に宇賀神がボレーシュートを豪快に決めて先制し、守備を固めて逃げ切った。浦和は来年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を獲得。来年2月16日に埼玉スタジアムで開催される富士ゼロックス・スーパーカップでJ1を2連覇した川崎と顔を合わせる。

 元日開催が恒例の天皇杯決勝は、アジアカップが来年1月5日に開幕するため、当初は今月24日に予定されていた。しかし、鹿島がACLを制し今月のクラブワールドカップ(W杯)に出場を決めたため、決勝がさらに9日に前倒しされた。

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです