メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医学部不正入試

順大、不適切認識なく 「差別ではなく男女の補正」

記者会見の冒頭で謝罪する順天堂大学の新井一学長(右)と代田浩之医学部長=東京都文京区で10日、長谷川直亮撮影

 「差別ではなく、男女間の差の補正と考えていた」。順天堂大は10日の記者会見で、医学部入試の2次試験で女子の受験生を一律に不利に扱ったことについて、文部科学省から指摘されるまで不適切との認識がなかったと明らかにした。開き直ったかのような釈明が相次ぎ、少なくとも10年前から続いた女子と多浪生への差別の根深さが浮かび上がった。

 「受験生、保護者に多大な心配と迷惑をかけ、深くおわびする」。新井一学長は会見の冒頭、頭を下げて謝罪…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです