メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

「見極め、突進せよ」PD-1発見 弟子の執着心、感謝 医学生理学賞・本庶さんが授賞式に招く

1991年当時の本庶佑・京都大特別教授(手前)と石田靖雅・奈良先端科学技術大学院大准教授(後列中央)ら=石田さん提供

 10日(日本時間11日未明)のスウェーデン・ストックホルムでのノーベル賞授賞式には、医学生理学賞の本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)の教え子で、奈良先端科学技術大学院大の石田靖雅准教授(57)も招かれた。石田さんは約25年前、本庶さんの研究室に所属し、ノーベル賞につながったたんぱく質「PD-1」を発見した。本庶さんに招待され、「歴史的なイベント。目撃できるだけで素晴らしい」と式に臨んだ。

 「全ては君の執着心からです。ありがとうございます」。受賞が発表された10月1日夜、石田さんに短いメ…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文954文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです