メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

回顧2018 関西の文化

本庶佑・京都大特別教授のノーベル医学生理学賞受賞決定後、設置された立て看板。即日撤去された=京都市左京区の京都大吉田キャンパス前で2018年10月2日、菅沼舞撮影

 学芸部記者が、関西の文芸や論壇を中心に2018年を振り返った。今年は、25年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まる前から1970年大阪万博を再考するようなトピックが盛り上がった。そのほか、名門大学で起こった「騒動」も全国的に論議を呼んだ。関西ゆかりの重鎮が存在感を発揮した。

 ◆論壇

京大のタテカン巡り攻防

 来春に退位される天皇陛下にとって最後となった11月3日の文化勲章授与式で、兵庫県在住の劇作家、山崎正和さん(84)に勲章が手渡された。

 山崎さんは日本社会を洞察し、長年にわたって先見的な提言を示してきた。劇作家、評論家としての活動だけ…

この記事は有料記事です。

残り1829文字(全文2099文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです