メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小泉進次郎氏、改めて国会改革の必要性訴え

自民党の小泉進次郎厚生労働部会長=根岸基弘撮影

 自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は10日、東京都内で講演し、成立が8日午前4時過ぎにずれ込んだ改正入管法を挙げて「その日まで日程が分からない国会を続けている。こんな議会は地方でもない。『まずは国会の働き方改革をしっかりやれ』という声をぶつけてほしい」と述べ、国会改革の必要性を改めて訴えた。

     小泉氏は「与野党の問題ではなく、国会のルールがいけない。与野党の損得抜きにできるところから一つでも動かしたい」とも語り、ペーパーレス化など与野党の合意を得やすい分野から進めたい考えを示した。【松倉佑輔】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
    2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
    3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
    4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
    5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです