メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土「引き渡し議論ない」 露で強硬発言続出

チャーター機の窓から見えた択捉島の萌消湾=2018年7月22日(代表撮影)

 【モスクワ大前仁】11月の日露首脳会談で、日ソ共同宣言(1956年)に基づき平和条約交渉を加速させることで一致したことを受け、ロシアの要人から北方領土の帰属について「島の引き渡しについて議論したことはない」などの強気の発言が相次いでいる。ロシア側を刺激しないよう、対露政策に関する発言を控えている日本側と対照的だ。

 タス通信などによると、ロシアのトルトネフ副首相(極東担当)は10日、平和条約交渉に関連し「私は長い…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文586文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです