メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

M7級、5分で警戒呼び掛け 南海トラフで避難指針

 政府の中央防災会議の作業部会は11日、南海トラフ地震の発生可能性が平常時より高まっていると判断された場合の避難のあり方など、防災対応に関する報告書をまとめた。想定震源域でマグニチュード(M)7以上の地震が起きた場合、さらに大きな地震に備えるよう注意喚起する臨時情報を最短で5分後に発表し、M8以上では約2時間後に避難を呼び掛けるとの方針を示した。政府は来年度中にも、自治体が避難勧告などを出す目安を示したガイドラインを策定する。

 報告書では、異常現象を地下の岩盤の破壊を表す「割れ」という言葉を用いて、(1)南海トラフ震源域の東…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです