メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

痛ましい被害もたらす火災を防げ 必要な備えとは 

全焼した家屋を捜索する消防隊員ら=福島県小野町で2018年11月22日、玉城達郎撮影

 多数の死者を出す住宅火災が相次いでいる。福島県小野町で11月21日、民家が全焼して7人が死亡し、10月には仙台市太白区で6人が犠牲となる住宅火災があった。いずれも出火原因は不明だが、火災を防ぎ、万が一の際に火の手から逃れるにはどのような備えが必要なのか。空気が乾燥し火災が起きやすくなる本格的な冬を迎える前に、関係者から話を聞いた。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

  4. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです