痛ましい被害もたらす火災を防げ 必要な備えとは 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全焼した家屋を捜索する消防隊員ら=福島県小野町で2018年11月22日、玉城達郎撮影
全焼した家屋を捜索する消防隊員ら=福島県小野町で2018年11月22日、玉城達郎撮影

 多数の死者を出す住宅火災が相次いでいる。福島県小野町で11月21日、民家が全焼して7人が死亡し、10月には仙台市太白区で6人が犠牲となる住宅火災があった。いずれも出火原因は不明だが、火災を防ぎ、万が一の際に火の手から逃れるにはどのような備えが必要なのか。空気が乾燥し火災が起きやすくなる本格的な冬を迎える前に、関係者から話を聞いた。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1793文字)

あわせて読みたい

注目の特集