メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ事前避難 「被害なし」沿岸部も1週間 M8以上 政府が対応策

高知県黒潮町の佐賀地区津波避難タワー=本社機「希望」から加古信志撮影

 政府の中央防災会議の作業部会は11日、異常現象が観測され、南海トラフ地震が発生する可能性が高まったと判断された場合の避難のあり方など、防災対応に関する報告書をまとめた。地震の発生後では津波からの避難が間に合わない沿岸部の全住民に対し、政府が1週間程度の避難を呼び掛けることなどが柱。来年度中にも、自治体や企業が取るべき対応の目安を示したガイドラインを策定する。

 報告書では、異常現象を地下の岩盤の破壊を表す「割れ」という言葉を用いて、(1)南海トラフ震源域の東…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチローが現役引退
  3. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  4. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  5. エチオピアで「日本人女性が死亡」 武装勢力が車襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです