メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

森見登美彦 謎の本追う壮大な迷宮 小説について考えた『熱帯』

=宮本明登撮影

 今年でデビュー15年を迎えた作家、森見登美彦さんの長編小説『熱帯』(文芸春秋)が刊行された。森見さんといえばファンタジー風味で知られるが、新作は「自らにとって小説とは何か」を軸にすえ、幻想小説ともいえる壮大な物語世界を構築した。

   ■  ■

 京都大大学院在籍中の2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞してデビュー。『夜は短し歩けよ乙女』(06年、山本周五郎賞)、『ペンギン・ハイウェイ』(10年、日本SF大賞)などで脚光を浴び、人気作家に。大学院の修士課程修了後は国会図書館関西館に勤務し、東京本館への異動に伴って東京住まいとなったものの、執筆が停滞してしまう。やがて国会図書館を辞め、11年、抱えていた連載を中止して故郷・奈良に戻った。

 「連載をむちゃな数引き受けてしまって、すり切れてしまった。それが一旦破綻した理由かな」。好きで書い…

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1449文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです