メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
ナビゲート

「内助の功」の意味するもの=山内マリコ(作家)

 12月はノーベル賞授賞式の季節。そして「内助の功」という言葉がメディアに躍る季節でもある。受賞者の陰には、彼を献身的に支えてきた妻ありという話が、美談調に語られるアレだ。

 内助の功とは、夫が仕事のことだけ考えていられるよう、身の回りの面倒な雑事を妻が引き受けることを言う。食事の支度、掃除に洗濯、そして子育て、時には親の介護まで。そのすべてを妻は、家族への「愛」の名のもとに無償で行う。男性からすれば、便利この上ないシステムだろう。

 来月26日に公開される映画『天才作家の妻-40年目の真実-』は、主人公(グレン・クローズ)の夫が、ノーベル文学賞受賞の知らせを受けるシーンからはじまる。そこへ、この作家の伝記本を書こうとしている記者が現れ、妻にある疑いをかける。「奥様が大学時代に書かれた小説が、ご主人の初期の作風とあまりに似ているんです」

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. 米次期広報幹部、全て女性に 大統領報道官にサキ氏 政権移行チーム

  4. ヤマハvsNTT東日本 第9日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  5. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです