メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松浦奈々

センチュリー響コンマス 経験重ね自分流のソナタを 来年2、4、6月にベートーベン全曲演奏

センチュリー響について「みんな穏やかで和気あいあいとしている」と話す松浦奈々=大阪市北区で、小出洋平撮影

 日本センチュリー交響楽団コンサートマスターの松浦奈々が来年2月から3回にわたって、ザ・フェニックスホール(大阪市北区)でベートーベンのバイオリンソナタ全曲演奏に初めて挑む。2011年にセンチュリー響に入団し、その後コンマスに就任して来春で5年目。「オーケストラで経験を積んできた今だからこそ、聴いてもらいたいという気持ちになった」と語る。【田中博子】

 多くの演奏家と同様、松浦にとってもベートーベンは特別という。「協奏曲の中ではベートーベンの作品が一…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです