メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

行方不明の気仙沼・佐藤才子さん、7年9カ月ぶり夫の元へ 岩井崎海岸で遺体発見 /宮城

 気仙沼市の海岸で10月に見つかった遺体が、東日本大震災で行方不明になっていた同市の佐藤才子さん(当時60歳)と判明し、震災から7年9カ月を迎えた11日、遺骨が夫の信行さん(67)に引き渡された。県内で震災の行方不明者の遺体が見つかるのは9カ月ぶりという。【滝沢一誠】

 同市階上(はしかみ)地区の岩井崎海岸で10月24日、栗原市の建設会社・久光組の作業員、佐々木蓮さん(27)が古い防潮堤の残骸を掘り起こす作業をしていたところ、「白いものがある」と気付き、足の骨など30片の人骨を発見。同社や気仙沼署などが周辺を捜索したところ、骨片約100点と衣類など約30点が次々に見つかった。DNA鑑定や歯科照合によって、当時近くに住んでいた才子…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです