メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校自慢

木更津市立金田小学校 干潟で環境学習25年 /千葉

 木更津市立金田小は今年、創立130年を迎えた。学区は東京湾に面し、同湾横断道路「アクアライン」の玄関口に位置する。近くを流れる小櫃川(おびつがわ)の河口には、面積1400ヘクタールの盤洲干潟(ばんずひがた)が広がる。日本有数の塩性湿地を抱え、環境省が「ラムサール条約」に推す国内候補地とされている。

 同校は1993年以来25年間、目の前に広がる干潟を題材にした環境学習に全校を挙げて取り組んでいる。5月と10月の年2回、全校児童が一斉に干潟へ観察会に繰り出す。

 1年生は、干潟での遊びを通し、干潟に親しむ。2年生は、1年生と一緒に遊べる干潟遊びを考える。3年生…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです