メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜開港資料館

明治期の戦争と横浜 企画展で関わりを紹介 /神奈川

 明治時代の戦争と横浜の関わりを、資料を通じて紹介する企画展「明治の戦争と横浜」が横浜開港資料館(横浜市中区)で開かれている。西南戦争に従軍した男性の軍隊手帳や兵隊訓練図帖など約150点の資料が展示されている。

 九州が主戦場となった西南戦争で、横浜港は軍事動員の輸送拠点として機能した。その様子は英国の新聞イラストレイテッド・ロンドン・ニュースにも掲載され、日本の戦争の情報は欧州にも伝わっていたことがわかる。企画展ではそう…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです