メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童

松本市、71人 4月より28人増 10月1日時点 /長野

 松本市は、希望しても認可保育所などに入れない待機児童が10月1日時点で市内に71人いると明らかにした。4月時点では43人だったが、28人増加した。

 10、11日に開かれた市議会12月定例会一般質問の答弁で明らかにした。特定の園を希望するなど保護者の都合で待機している「潜在的待機児童」は128人で、4月時点より54人増えた。

 11日の答弁で伊佐治裕子・こども部長は、堅調な雇用情勢や女性就職率の増加傾向を背景に、「入園希望者は当面の間、増加し続け、3歳未満児の待機児童は引き続き発生するとみられる」との見通しを示した。2021年4月の待機児童解消を目指し、保育士の増員や処遇改善、ICT(情報通信技術)を活用した業務の効率化などを進めると述べた。

この記事は有料記事です。

残り88文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです