メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加美鳥

一石三鳥、生産者育成へ 池田の焼き鳥チェーン /大阪

「野乃鳥」の野網厚詞社長(右)と養鶏農家の石塚竜司さん=大阪市中央区難波3の「野乃鳥なんば堂」で、村瀬達男撮影

 焼き鳥チェーン「野乃鳥」(本社・池田市、野網厚詞社長)は兵庫県多可町のブランド鶏「播州百日どり」の生産者を育てるため、生産法人「加美鳥(かみちょう)」を設立した。地域振興や、ブランド鶏肉の普及、農業高生の就職先確保の“一石三鳥”が狙いで、13日には10店舗目の「野乃鳥なんば堂」を大阪市中央区難波3にオープンする。

 外来種を交配した播州百日どりは平飼い鶏舎で約100日かけて飼育し、肉に甘みがあるのが特徴。チェーン…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文512文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです