メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加美鳥

一石三鳥、生産者育成へ 池田の焼き鳥チェーン /大阪

「野乃鳥」の野網厚詞社長(右)と養鶏農家の石塚竜司さん=大阪市中央区難波3の「野乃鳥なんば堂」で、村瀬達男撮影

 焼き鳥チェーン「野乃鳥」(本社・池田市、野網厚詞社長)は兵庫県多可町のブランド鶏「播州百日どり」の生産者を育てるため、生産法人「加美鳥(かみちょう)」を設立した。地域振興や、ブランド鶏肉の普及、農業高生の就職先確保の“一石三鳥”が狙いで、13日には10店舗目の「野乃鳥なんば堂」を大阪市中央区難波3にオープンする。

 外来種を交配した播州百日どりは平飼い鶏舎で約100日かけて飼育し、肉に甘みがあるのが特徴。チェーン…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです