メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
出版

「日本一」の闇市、活写 法外な饅頭、三宮ジャンジャン市場…浮かぶ混乱期 神戸の研究者 /兵庫

GHQ占領期の神戸の展示を企画監修した村上しほりさん。左は写真提供で研究に協力した衣川太一さん=神戸市中央区のKIITOで、木田智佳子撮影

 神戸市在住の都市史・建築史研究者、村上しほりさん(31)が「神戸 闇市からの復興 占領下にせめぎあう都市空間」(慶應義塾大学出版会)を出版した。終戦直後の史料や新聞などを丹念に調べ、混乱期を懸命に生き抜いた神戸の人たちの姿が鮮やかに浮かび上がる力作だ。神戸市中央区の「デザイン・クリエイティブセンター神戸」(KIITO)では、村上さんが企画監修した展示「“KOBE”を語る GHQと神戸のまち」も開催されている。【木田智佳子】

 戦後の一時期、空襲で焼け野原となった三宮から元町にかけての一帯は、鉄道の高架下や駅前に「日本一」と…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文879文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです