大和高田市立病院西館

耐震不足、20年放置 全フロアで基準下回る /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
耐震強度が不足している奈良県大和高田市立病院の西館=同市礒野北町で、稲生陽撮影
耐震強度が不足している奈良県大和高田市立病院の西館=同市礒野北町で、稲生陽撮影

 中和地域の災害拠点病院にも指定されている大和高田市立病院(同市礒野北町、320床)の西館の耐震強度が、全フロアで基準を下回っていることが同病院への取材で分かった。1998年の耐震診断で強度不足が判明したのに、市は資金不足などから耐震化工事などを全く行っておらず、事実上放置されてきた。【稲生陽】

 同病院は1970年完成の西館と99年完成の東館(いずれも鉄筋コンクリート造り5階建て)、2016年完成の3階建て南館からなる。1996年には建物が耐震耐火構造であることや、孤立しても病院機能を維持できることが条件の「災害拠点病院」(県内7カ所)にも指定された。

 しかし98年、病院側が高層棟(5階建て)と低層棟(2階建て)からなる西館を耐震診断したところ、耐震性を示す「Is値」は、両棟の全フロアとも南北方向で基準値(0・6)を大きく下回り、建物全体でも最も弱い2階部分では0・22しかないことが判明した。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文849文字)

あわせて読みたい

注目の特集