メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成をあるく

アスベスト被害 日常に潜む死の病 遅れた国、企業の対応 /四国

 アスベスト(石綿)が原因のがんの一種「中皮腫」に苦しんでいた土井雅子ら3人が2005(平成17)年6月30日、兵庫県尼崎市内で記者会見。大手機械メーカー「クボタ」から1人200万円ずつ見舞金を受け取ったことを明らかにした。

 石綿を扱う工場労働者の病気とされていた中皮腫に、クボタの旧神崎工場近くに住んでいただけでかかった可能性を会社側が認めた。工場から飛んで来る石綿を吸い込むだけで死に至る。水俣病、四日市ぜんそくなどと同じ理不尽な公害病の被害が暴露された。

この記事は有料記事です。

残り1996文字(全文2226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

  5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです