メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
主権者教育

政治への関心を多角的、多面的に 18歳選挙権の導入で広がる 弁護士会と自治体協力、争点や背景学ぶ /長崎

 18歳選挙権の導入で高校生らに広がる主権者教育。従来は、投票につなげるために模擬投票を体験する授業などが中心だったが、県内では長崎市選管が県弁護士会と協力し、より政治への関心を深めることを目指す取り組みも生まれている。【今野悠貴】

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1003文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです