メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成つたえたい

大分平和考/2 ムッちゃん/下 人との出会いを大切に /大分

 ムッちゃんの手記が記事になって世に広まったことで、当時3人の子育てに追われる主婦でもあった中尾町子さん(79)=京都府木津川市=の生活は一変した。これまでは毎日を平凡に暮らし、平和の意味を深く考えることもなかったが、手記が思わぬ反響をもたらした。自宅には読者からのたくさんの感動を伝える手紙とともに、批判、中傷も届いた。「あいまいな記憶ではないのか」「捏造(ねつぞう)だ」--そんな手紙にも、中尾さんは丁寧に「正確な記憶です」と返信した。ただ、毎日新聞の福井逸治記者に相談すると、「返信しないで。私に全部送って」と言ってくれたという。

 平和のあり方を講演などで問い続けている中尾さんの活動の原点は、6歳の時に防空壕(ごう)で出会った名前も知らない12歳の少女“ムッちゃん”だ。ムッちゃんは空襲で家族とはぐれ、大分市の親類を頼ったものの、肺結核のため防空壕に隔離されていた。終戦で誰も防空壕に行かなくなり、人知れず亡くなったという。ムッちゃんとの体験を新聞に投稿。それを記事にして広めたのが、元毎日新聞特別報道部長の福井さんだった。

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです