ハラールしょうゆ

完成 ムスリム向け「本物の味」と好評 APUとフンドーキン共同開発 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 イスラム教徒(ムスリム)向けのしょうゆを共同開発していた臼杵市のフンドーキン醤油(しょうゆ)と別府市の立命館アジア太平洋大(APU)が11日、同大で新商品「ハラールはちみつ醤油」を披露した。

 同社と同大などは昨年5月に相互連携協定を締結。同大では7カ国11人の留学生チームが学生ら800人の試食を実施し、ムスリムの好みを探ってきた。しょうゆ製造では発酵を止めるためアルコールが使われるが、同社はムスリムが禁じるアルコールを添加しない製造法を研究。ムスリム向けの商品取り扱いが許される「ハ…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

あわせて読みたい

注目の特集