メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ地震

事前避難、1週間を想定 沿岸津波対策

 政府の中央防災会議の作業部会は11日、前兆の疑いがある地震があり、南海トラフ地震が発生する可能性が高まったと判断された場合の避難のあり方など、防災対応に関する報告書をまとめた。地震の発生後では津波からの避難が間に合わない沿岸部の全住民に対し、政府が1週間程度の避難を呼び掛けることなどが柱。来年度中にも、自治体や企業が取るべき対応の目安を示したガイドラインを策定する。(3面にクローズアップ)

 報告書では、前兆を地下の岩盤の破壊を表す「割れ」という言葉を用いて、(1)南海トラフ震源域の東側、西側のいずれかでマグニチュード(M)8以上の地震が発生する「半割れ」(2)震源域内でM7~8の地震が発生する「一部割れ」(3)プレートの境界面の断層が動く「ゆっくりすべり」の3ケースを想定した。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです