介護職員

8万円増 意欲向上へ 事業所最低1人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は、来年10月の消費税率10%への引き上げ財源による介護職員の待遇改善に関し、各事業所に対し、少なくとも1人の介護福祉士の賃金を月額8万円程度の増額か全産業平均並みへの引き上げを求める検討に入った。

 長く働く介護福祉士が厚遇される姿を示すことで、職員の意欲が高まるよう促すのが狙い。

 厚労省によると、介護職員の平均月給(賞与含む)は27万4000円で全産業平均36万6000円を約9…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集