メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

南海トラフ地震、防災対策報告書 臨時情報、周知が課題 企業はコスト懸念、進まぬ備え

 政府の中央防災会議の作業部会は11日、南海トラフ地震につながる恐れがある異常現象が観測された際、企業や住民が取るべき防災対応を示した。企業の経済活動への影響や社会的混乱を避けながら、警戒レベルをどう維持するのか。政府や自治体、住民が対処しなければならない課題は多い。

 「知らないという企業も多い。目の前の仕事が大変で地震対策にかまっている余裕はないという声も聞いた」。大地震の可能性が高まっていると判断された時などに発表され、企業が従業員を避難させるきっかけにもなる臨時情報だが、中部経済連合会(中経連、名古屋市)の栗原大介常務理事は「浸透不足の感はある」とした上で、政府が来年度中にも策定するガイドラインを「防災を正面から考えるきっかけにすべきだ」と話す。

 中経連が愛知、三重両県の企業を対象に行った南海トラフ地震に関する意識調査では、地震が発生した後に事…

この記事は有料記事です。

残り1676文字(全文2056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです