メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土

「引き渡し議論ない」 露で強硬発言続出

 【モスクワ大前仁】11月の日露首脳会談で、日ソ共同宣言(1956年)に基づき平和条約交渉を加速させることで一致したことを受け、ロシアの要人から北方領土の帰属について「島の引き渡しについて議論したことはない」などの強気の発言が相次いでいる。ロシア側を刺激しないよう、対露政策に関する発言を控えている日本側と対照的だ。

 タス通信などによると、ロシアのトルトネフ副首相(極東担当)は10日、平和条約交渉に関連し「私は長い間、プーチン大統領と安倍晋三首相の会談に同席してきたが、島の引き渡しについて一度も議論されたことはなく、共同経済活動が話し合われてきた」と明かした。北方領土を管轄する極東サハリン州で報道陣に語った。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです