メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人年金

「脱退一時金」増額 10年未満帰国、厚労省が検討

 根本匠厚生労働相は11日の記者会見で、公的年金に加入する外国人が保険料納付期間の10年未満で母国に帰る場合などに支払われる脱退一時金について、「次の年金制度改革の議論の中で検討したい」と述べ、増額を検討する考えを示した。

 改正入管法の成立によって外国人労働者の増加が見込まれることを踏まえ、年金保険料の「掛け捨て」を改善する。2020年の通常国会への関連法案提出を目指す。

 日本に住む外国人には公的年金への加入義務があるが、保険料を10年以上納めなければ年金は給付されない…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです