メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人年金

「脱退一時金」増額 10年未満帰国、厚労省が検討

 根本匠厚生労働相は11日の記者会見で、公的年金に加入する外国人が保険料納付期間の10年未満で母国に帰る場合などに支払われる脱退一時金について、「次の年金制度改革の議論の中で検討したい」と述べ、増額を検討する考えを示した。

 改正入管法の成立によって外国人労働者の増加が見込まれることを踏まえ、年金保険料の「掛け捨て」を改善する。2020年の通常国会への関連法案提出を目指す。

 日本に住む外国人には公的年金への加入義務があるが、保険料を10年以上納めなければ年金は給付されない…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文487文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです