メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

変わる食物アレルギー対応/下 新常識知って予防・改善を

小麦の負荷試験。まもなく2歳になる男児がそうめん1本を3センチ分摂取することになり、持参したそうめんを定規で測る=さいたま市西区のさいたま市民医療センターで

 ●「定説」が今は逆

 2000年代に入って、食物アレルギーの常識は激変した。アレルギーを起こしやすい食物を離乳食に取り入れるのを遅らせることがアレルギー予防になるという科学的根拠はなく、勧められない▽食べなくても荒れた肌に卵や牛乳が付着すると、食物アレルギーの原因になる--これが新常識だ。一部の食物に関しては、離乳食開始を遅らせた方が発症リスクが高いとの研究論文も発表されている。

 以前は食物アレルギーのためにアトピー性皮膚炎が起きると思われていたが、今はむしろ逆だ。肌のバリアー…

この記事は有料記事です。

残り2163文字(全文2404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです