メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウイルス輸入

エボラ出血熱など計画 危険な感染症に備える 訪日外国人増、東京五輪見据え より正確・迅速に検査

 致死率の高いエボラ出血熱など特に危険な感染症の病原ウイルスを初めて輸入する計画が発表された。2020年の東京五輪・パラリンピック開催や、訪日外国人の増加によって発生のリスクが高まっているからだ。検査体制を強化し、患者の発生に備える狙いがある。【野田武】

 発表したのは、国立感染症研究所。計画によると、輸入するのは、エボラ出血熱▽ラッサ熱▽クリミア・コンゴ出血熱▽南米出血熱▽マールブルグ病--の五つの感染症で、13種類のウイルスが想定されている。

 エボラ出血熱は14年以降、西アフリカを中心に発生し約1万1300人が死亡。致死率は平均50%前後と…

この記事は有料記事です。

残り1601文字(全文1875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです