メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしとつなぐ

公的制度はセーフティーネット=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

 「最近、仕事の目的が分からなくなってきました。『治療費のために頑張って働かないと』という思いと、『そろそろ体調に見合った働き方に変えないと持たないな』という思いのはざまで押しつぶされそうです」「せめて医療費分だけでも収入が確保できれば、もう少し仕事が楽しめるのに」

 大腸がんの手術後に再発し、約2年間抗がん剤治療を受けてきた大滝さん(40代・男性)の言葉です。大滝さんは20代の頃から働く倉庫管理の仕事を続けていましたが、手術の影響で多いときは1日に5、6回トイレに行く状況にあること、抗がん剤治療の副作用で手足のしびれが強く、仕事の作業量と収入が共に発病前の2分の1に減ったとのことでした。

 その後私は、大滝さんに障害年金の申請を提案させていただきました。障害年金は、病気やけがなどの障害に…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1383文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  2. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 救急車が道を間違え搬送遅れ 男性死亡 消防局「因果関係ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです