メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

オーストリアの大作曲家、ヨーゼフ・ハイドン…

 オーストリアの大作曲家、ヨーゼフ・ハイドン(1732~1809)の最後の交響曲を、国内で最も古い1917年に演奏した際の楽譜が九州大で見つかった。

 「ロンドン」の愛称で親しまれる「第104番交響曲」。17年12月に羽衣管弦団が大阪でハイドンの交響曲を演奏したことは知られていたが、それがどの曲かは不…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです