メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工判決、日韓外相が緊密な意思疎通確認

河野太郎外相(左)と韓国の康京和外相=首相官邸で2018年5月、川田雅浩撮影

 河野太郎外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は12日、日本企業に元徴用工への賠償を命じた一連の韓国最高裁判決への対応について電話で約30分間、協議した。韓国側が日本企業の資産を差し押さえかねないとの不信が日本側にはあり、両外相で引き続き緊密に意思疎通することを確認した。

 両外相の電話協議は、最初の新日鉄住金に対する賠償判決を受けた10月31日以来。外務省関係者によると、韓国政府が検討する対応策などの進捗(しんちょく)を聞くため、日本側から電話したという。

 河野氏は、元徴用工への賠償を含む請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みだと改めて表明。原…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです