メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ややパリには遠く~南仏留学記

黄色いベストと町の中心を歩いてみた

「黄色いベスト」を着てモンペリエの駅前を歩くデモの参加者

 フランス語を身につけるため2018年4月からフランスに留学しています。新聞記者の仕事を離れ、語学学校に通う日常生活を日記風につづっています。4月からは北部のルーアンで、10月からは南部のモンペリエで、ホームステイをしながら過ごしています。

 クリスマス休暇が近づいています。この時期なら、行き交う人たちのウキウキとした様子を書くはずでした。ところが、燃料税の増税方針に端を発したマクロン政権への抗議デモがフランスの各地で続いています。パリから約750キロ南で留学生活を送っていても、抗議行動の広がりを肌で感じる日々です。

 ここではパリのように参加者の一部が暴徒化して店舗が壊されたり、車が焼かれたりするようなことは起きて…

この記事は有料記事です。

残り2611文字(全文2921文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです