メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、カナダ元外交官を拘束 ファーウェイ幹部拘束の報復か

 【北京・河津啓介】国際シンクタンク「国際危機グループ(ICG)」(本部・ブリュッセル)は12日、所属するカナダの元外交官、マイケル・コブリグ氏が中国の国家安全部門によって拘束されたとして解放を求める声明を出した。カナダは米国の要請を受けて中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)を拘束した後に保釈したことから、コブリグ氏拘束は中国側の報復との見方が国内外で出ている。

 中国外務省の陸慷(りくこう)報道局長は12日の定例記者会見で「現段階で提供できる情報はない」と述べ…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです