メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト首都機能移転 カイロ過密で工事着手

 【カイロ篠田航一】エジプト政府が、人口過密に悩む首都カイロの都市機能の移転工事に着手している。エジプトでは人口約9500万人のうち約2200万人が首都圏に住み、慢性的な渋滞や大気汚染が深刻化。シシ政権は新「首都」建設で人口を分散させ、効率化を図る考えだ。

 カイロ中心部から東に約50キロ。砂漠の中に突然、建設中のビル群が姿を現し、クレーン車が行き交う。シシ大統領が2015年、総工費約450億ドル(約5兆円)をかけて建設を始めた新「首都」だ。面積は東京23区(約620平方キロ)より広い約700平方キロ。エジプト人の9割はイスラム教徒だが、記者が訪れた時は少数派コプト教(キリスト教の一派)の教会も砂漠地帯に建設中だった。

 「今のカイロは肥大化して身動きが取れない。既存市域の再開発より、別に新しい都市を造る方が合理的と考…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文916文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです