メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハイドンの交響曲楽譜、九州大で発見 101年前の演奏で使用

1898年に出版された「ヨーゼフ・ハイドン作第2交響曲」の楽譜の一部。現在では、第104番として知られていることがわかる=九州大フィルハーモニー・オーケストラ提供

 オーストリアの大作曲家、ヨーゼフ・ハイドン(1732~1809)の最後の交響曲を、国内で最も古い1917年に演奏した際の楽譜が九州大で見つかった。

 「ロンドン」の愛称で親しまれる「第104番交響曲」。17年12月に羽衣管弦団が大阪でハイドンの交響曲を演奏したことは知られていたが、それがどの曲かは不…

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文247文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が陸上部合宿中に女子生徒にわいせつ 兵庫・小野 教諭は行方不明

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです