メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

金歯など含まれる「残骨灰」 業者に売却は14自治体 厚労省全国調査

 斎場で遺体を火葬した後に残る「残骨灰」の処理方法について、業者に売却している自治体が14自治体に上ることが、厚生労働省の全国調査で明らかになった。残骨灰には金歯や医療器材などの有価金属が含まれるが処理について法令はなく、売却などの対応は市町村に任され、賛否が分かれている。国による残骨灰の処理方法に関する全国調査は初めてとみられ、議論を呼びそうだ。

 調査は政令市、特別区と無作為で抽出した市町村計141自治体を対象に、厚労省が7~8月に実施。94自…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文711文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです