メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

歴代最速、最年少、最高勝率での通算100勝を達成し、記者会見する将棋の藤井聡太七段=東京都渋谷区の将棋会館で2018年12月12日午後5時半、長谷川直亮撮影

 将棋界の現役最年少棋士、藤井聡太七段(16)が12日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第27期銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)の本戦トーナメントで阿部健治郎七段(29)に勝ち、公式戦通算100勝(18敗)を達成した。棋士になってから2年2カ月での達成は、永世称号獲得者と中学生で棋士になった者の中では、羽生善治竜王(48)の17歳6カ月、2年3カ月を抜いて最年少・最速の到達。達成時の勝率(8割4分7厘)は中原誠十六世名人(71)の100勝21敗(8割2分6厘)を抜く最高勝率となった。

 藤井七段は2016年10月1日に棋士・四段になり、デビューから29連勝、棋戦優勝最年少記録など数々の記録を塗り替えてきたが、100勝達成も記録更新となった。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです