メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

歴代最速、最年少、最高勝率での通算100勝を達成し、記者会見する将棋の藤井聡太七段=東京都渋谷区の将棋会館で2018年12月12日午後5時半、長谷川直亮撮影

 将棋界の現役最年少棋士、藤井聡太七段(16)が12日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第27期銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)の本戦トーナメントで阿部健治郎七段(29)に勝ち、公式戦通算100勝(18敗)を達成した。棋士になってから2年2カ月での達成は、永世称号獲得者と中学生で棋士になった者の中では、羽生善治竜王(48)の17歳6カ月、2年3カ月を抜いて最年少・最速の到達。達成時の勝率(8割4分7厘)は中原誠十六世名人(71)の100勝21敗(8割2分6厘)を抜く最高勝率となった。

 藤井七段は2016年10月1日に棋士・四段になり、デビューから29連勝、棋戦優勝最年少記録など数々…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 維新 大阪府内で首長を着々と増やす
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです