メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

洪水や土砂災害に関する防災情報の5段階区分

 政府の中央防災会議の作業部会は12日、洪水や土砂災害時に国や自治体が出す防災気象情報を5段階の警戒レベルで区分し、レベルごとに住民が取るべき行動を示した報告書案を大筋で了承した。災害時に提供されるさまざまな情報の切迫感を分かりやすく伝えることで速やかな避難を促す狙いがある。報告書を受け、政府は来年以降、運用方法などの検討を始める。

 今年7月の西日本豪雨では、気象庁が事前に特別警報を発表する可能性に触れたり、自治体が避難勧告や避難…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです