メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

洪水や土砂災害に関する防災情報の5段階区分

 政府の中央防災会議の作業部会は12日、洪水や土砂災害時に国や自治体が出す防災気象情報を5段階の警戒レベルで区分し、レベルごとに住民が取るべき行動を示した報告書案を大筋で了承した。災害時に提供されるさまざまな情報の切迫感を分かりやすく伝えることで速やかな避難を促す狙いがある。報告書を受け、政府は来年以降、運用方法などの検討を始める。

 今年7月の西日本豪雨では、気象庁が事前に特別警報を発表する可能性に触れたり、自治体が避難勧告や避難…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文749文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. あおり運転各地で繰り返した可能性 43歳男を傷害容疑で指名手配

  4. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです