不登校傾向33万人、全中学生の1割 日本財団調べ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本財団は12日、不登校の傾向にある中学生は全国で推定33万人いるとする調査結果を発表した。全中学生の10人に1人にあたる。文部科学省が把握する不登校の中学生は全国で11万人だが、調査では「年間に30日以上の欠席」とする同省の定義にこだわらず、保健室などに登校する生徒も含めた。日本財団の枡方瑞恵さんは「不登校予備軍の存在が初めて浮かび上がった」としている。

 調査は学校になじんでいない不登校の傾向にある中学生を把握するため実施した。同省の調査は中学校や教育委員会が把握した不登校の生徒数を集計したものだが、日本財団は中学生に直接、調査して実態や本音を探った。調査は10月にインターネットで実施し、6450人の中学生から回答を得た。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文696文字)

あわせて読みたい

注目の特集