メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

乾癬、知名度アップへ啓発 最適な治療探し、粘り強く

乾癬(かんせん)啓発のファッションショーに参加した道端アンジェリカさん(中央)と患者ら=東京都千代田区で10月24日

 今年、乾癬(かんせん)という病気の知名度が少し向上した。皮膚が赤く盛り上がり、表面がふけのようにはがれ落ちる病気。患者であることを公表したファッションモデルの道端アンジェリカさん(33)が啓発イベントにたびたび登場し、ニュースやインターネットを通じて患者のつらさを訴えたからだ。患者らは、これを一過性の話題にせず、社会の理解につなげようと声を上げ、孤立しがちな患者には、悩みを打ち明けられる患者会活動への参加を呼び掛けている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです