メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

乾癬、知名度アップへ啓発 最適な治療探し、粘り強く

乾癬(かんせん)啓発のファッションショーに参加した道端アンジェリカさん(中央)と患者ら=東京都千代田区で10月24日

 今年、乾癬(かんせん)という病気の知名度が少し向上した。皮膚が赤く盛り上がり、表面がふけのようにはがれ落ちる病気。患者であることを公表したファッションモデルの道端アンジェリカさん(33)が啓発イベントにたびたび登場し、ニュースやインターネットを通じて患者のつらさを訴えたからだ。患者らは、これを一過性の話題にせず、社会の理解につなげようと声を上げ、孤立しがちな患者には、悩みを打ち明けられる患者会活動への参加を呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1481文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです