メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中古盤探偵がゆく

焼け跡からの開花=高本良彦

 焼け跡から文化がどのような形であらわれたか。戦後から半年たって、冗談を言い続ける冗談音楽という信じられないほど自由なラジオ放送が開花した。 「トリロー・コレクション」(5枚組みCD)は、政治や世相ネタを風刺した新ジャンルで聴取率90%という人気をさらった三木鶏郎の番組「日曜娯楽版」が収められている。

 「あれ、おばちゃんちにもうちの風呂敷と同じものが干してあるよ」「まあボウヤ、あれはね日の丸の旗って…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです