メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

沖仁、松永貴志 15周年、原点見つめる 新作アルバム発表

松永貴志=ディスクユニオン提供

 ポピュラー界で、デビュー15年というと、認知度も安定、スタイルも固まり、まさに自分の道を歩き始める時期であろう。

 スパニッシュギターの沖仁は昨年、ジャズピアノの松永貴志は今年、15周年を迎えた。沖は、初めてスペインに的を絞ったアルバム「スペイン」(ソニー)を発表した。また、松永は、ジャズアルバムとしてはほぼ10年ぶりの「ザ・ワールド・オブ・ピアノ」(サムシングクール)を発表し気合が入る。両者ともに、今月コンサートを開催する。

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1077文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです