メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

尾上菊五郎主演 歌舞伎「姫路城音菊礎石」 初春らしく明るく

(左から)尾上菊之助、中村時蔵、尾上菊五郎、尾上松緑=小玉祥子撮影

 姫路城の天守に美しい魔物がすむという伝説に題材を得た歌舞伎「姫路城音菊(おとにきく)礎石(そのいしずえ)」が尾上菊五郎らの主演で、東京・国立劇場で1月3~27日に上演される。安永8(1779)年に初演され、国立劇場で1991年に復活上演された「袖簿播州廻(そでにっきばんしゅうめぐり)」(並木五瓶作)を大幅に書き換えた。

 姫路城の城主、桃井家でお家騒動が起き、家老印南内膳(菊五郎)の陰謀で当主親子や忠臣の古佐壁(こさか…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 小澤征爾さんが26日の定期演奏会を降板
  4. eスポーツ競技者はゲーム依存症にならないのか
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです