メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

早稲田ハウス

「究極の寝室」をトラックで体験 銚子電鉄と共同開発 /千葉

 松戸市の戸建て住宅メーカー「早稲田ハウス」(金光容徳社長)は、天然素材で造る寝室を2トントラックの荷台内部に設けた「究極の寝室体験カー」を銚子電鉄(銚子市)と共同開発した。宿直室の改装で運転手らの寝不足解消や睡眠障害の改善をはかり、安全運行につなげるよう、運送業界や公共交通機関などへの広報活動を行う。

 早稲田ハウスは2016年、銚子電鉄のネーミングライツ販売で終点の外川駅に「ありがとう」と名付けた。…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです