メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松本市

防犯カメラ、波紋 市民団体が中止要請/共産市議団も反対表明 市議会委、きょう請願審議 /長野

 松本市が来年1月から、生活保護、納税など7課の窓口前に1台ずつ防犯カメラを設置するという計画が波紋を広げている。複数の市民団体が設置中止を求め、共産党市議団も11日に「来庁者を犯罪予備軍として差別する行為だ」と反対を表明した。13日には市議会総務委員会で、設置中止を求める請願の審議が行われる。

 市契約管財課によると、防犯カメラは受付カウンター付近を撮影し、画像は7日間、保存し上書きする。過去に来訪者とのトラブルで警察への通報事案が相次ぎ、犯罪防止や職員の安全確保などのため設置を決めた。警察から市の安全対策の甘さを指摘されたことも背景にあるという。市は県内他市の状況を調べたが、18市でこうした防犯カメラ設置の例はないという。

 市が11月26日に設置方針を発表した後、市民団体が「生活保護申請の自粛につながる」と相次いで市に設置中止を要請。生活保護などの制度改善を求めて活動している松本地区社会保障推進協議会のほか、「反貧困・セーフティネット・アルプス」なども今月4日、「市民のプライバシーを侵害し、市民監視の市役所に変える」と中止要請書を提出した。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アフガン撤収7年 豪軍39人殺害、徹底捜査 政府、独立機関を設置

  2. 新型コロナ PCR検査拒否に罰則 都民フ、条例案提出へ

  3. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです