メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

人生に悩むオジサン描く「半世界」が完成 稲垣吾郎さんら県内でロケ 伊勢進富座など2月15日から全国公開 /三重

 人生に悩む「伊勢志摩備長炭」の炭焼き職人を俳優の稲垣吾郎さんが演じる映画「半世界」(120分・製作配給キノ・フィルムズ)が完成した。南伊勢町を中心に伊勢市、松阪市、津市など県内各地でロケが行われた阪本順治監督の作品。来年2月15日から全国公開され、県内では伊勢進富座(伊勢市曽祢)だけの上映となる。同座では同14日夜に先行上映され、3月22日まで公開される。【尾崎稔裕】

 多くの自然が残る地方の町を舞台に、主人公たちが「人生半ばに差し掛かった時、残りの人生をどう生きるか…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1077文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです