メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の舞台・万華鏡

「吉例顔見世興行」 悲劇に陰影、圧巻の権太 26日まで、南座 /京都

 南座新開場記念の顔見世もふた月め。片岡仁左衛門、孝太郎、千之助の松嶋屋三代そろい踏みが話題を呼んでいるが、取り分け夜の部「義経千本桜」の仁左衛門、花も実もあるいがみの権太に心奪われる。

 「千本桜」は源平合戦の後、実は平家の武将たちが生き延びていたという設定で繰り広げられるドラマ。今回は三段目「木(こ)の実(み)」「小金吾討死(こきんごうちじに)」「すし屋」の上演だ。

 平維盛の行方を訪ねて妻・若葉の内侍(ないし)(孝太郎)が息子の六代(ろくだい)を連れ、主馬小金吾(…

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1242文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです